1月
06
2015

旅行にお金をかけすぎ、貯金ができない。

私のお金の悩み・・・それは趣味の旅行にお金をかけすぎてしまいます。

私は一年の積み立てで毎月五万円ずつ貯金しているのですが、それが貯まったころに無性にどこか遠くに行きたい症候群にかかります。一泊くらいで気が済めばよいのでしょうが、私の場合、一週間くらいふらふらしていないと気がおさまりません。貯金を崩したくなくて、旅費を全部用意できない時は消費者金融を利用することもあります。。。翌月にはきちんと全額返済しますが・・・フリーローン(http://www.llhashows.com/)っていうのをよく利用しています。

今年は車を買うからと我慢すると、気分が落ち込み、最後には無意識のうちに航空券を予約するという末期症状が現れます。旅行にお金がかかるので、計画通りにお金を貯めることができません。予定では二十代のうちに五百万円は貯めるつもりだったのですが、計画倒れに終わり、三十代に入ってからは貯金額が増えません。理由はわかっています。一人旅に慣れたせいで、より遠くにより長い期間でという志向が働き、二十代のころより一回の旅行に費やすお金が増えているのです。

このままではろくろく貯金できないまま定年を迎えてしまいます。

しかも、私はまだ結婚していません。いつかはと思っているのですが、貯金が増えない限りかなわない夢になりそうです。

このままではまずいと最近になってようやくお尻に火がつきました。積み立ては将来のためのお金、絶対に手をつけないと自分を戒めています。その代り旅行費用はボーナスをあてることにしました。ボーナスはいままで車の購入費や維持費などに使っていたのですが、車を軽自動車にかえたり、節約でクレジットカードでの支払いを減らしたりして、旅行費用をねん出します。また、旅行行きたい病を重症化させないために、旅行とは違う趣味を見つけるようにしています。今はランニングと写経にはまっています。ランニングは初期投資がかかったのですが、それでも旅行よりもお金がかからないので、よいです。

 

0
12月
26
2014

生活費に困ったら、食費を節約するしかない

私が二十代の頃、とても貧乏で日々の生活費に困りながら生活していたときがあります。

そういうときは、贅沢をせず無駄な消費を避けながら暮らさざる得ないわけですが、それでも生活費に困ったら、もう食費を徹底的に節約するしかありません。

とはいえ、だからといって食べないなんて選択をしてしまうと、のちのち体調を崩して、結局医療費などの出費が出てしまいます。

なので日々必要な栄養はしっかりとって、その上で食費を節約する必要がありました。

そこで当時の私が行っていた対策は「一日一食」と「半額の見切り品しか購入しない」の二つでした。

食事は一日に一食、そのときに一日分の栄養をえて、そして食べる食材はスーパーで半額になっている数十円単位の激安野菜を買って、なんとか過ごしていました。

栄養ある野菜をたくさん食べていたので、このような生活でも実際何年間も生きてこられました。

と言っても、もうあの生活には戻りたくはありませんが……。

0